海鮮居酒屋  一八お食事処

TEL 092-292-3133   福岡県糟屋郡志免町別府3丁目15-5

天丼の、こういう食べ方はありですか?

2017-04-13
イッパチ天丼-春の新メニュー

イッパチ 天丼。650円。
2017年、春の新メニュー。

海老2尾、ピーマン、ニンジン、さつまいも、かぼちゃ。野菜天は仕入れの状況により変更することがあります。

650円。
おかげさまで、ご好評いただいております。

海鮮のイッパチが自信をもって、おすすめする春の新メニュー、イッパチ天丼。

ぜひ一度、お試しください。

天丼の、こういう食べ方はありですか?

天丼を、こうして食べる人がいることを、はじめて知った。

たとえば。

まず、海老をひとくち食べる。全部ではない。残った海老を、丼の淵に待機させる。

次に、ピーマンをひとくち食べる。全部ではない。残ったピーマンを、丼の淵に待機させる。

それから、ニンジンをひとくち食べる。全部ではない。残ったニンジンを、丼の淵に待機させる。

こうして、丼の淵には、志なかばの数々の天ぷらが横たわることになる。

そして、全ての具が一巡したら、何事もなかったように、、、。

まず、丼の淵で待機していた、最初の海老をひとくち食べる。また、同じように、残った海老を、丼の淵に待機させる。

このサイクルを繰り返すわけだ。すべての天ぷらの具とご飯を食べ終わるまで。

えー!? と思われた方もいるのではないだろうか。ぼくも、その一人です。

いろんな食べ方があるもんです。

次から次へと、いろんな具に箸をつけていく。全部食べ切らないで、丼の中に残していく。

人によっては、こういう食べ方は、マナー違反ではないか、と思う人もいるかもしれない。

ぼくは、どちらかというと、常識に疎いほうなので、あまり気にならない。

どちらかというと、ビックリしたという驚きのほうが大きい。

それより、ちょっと気になることがある。

はたして、天丼の具は、丼の淵に並べていくべきなのだろうか。

それとも、丼の真ん中のご飯の上に、積み上げいくのが正しいのか。

あるいは、ご飯をホジホジと掘り下げて、その中に天丼の具を格納していくのが、あるべき姿なのか。

これは、一度、確かめてみたい。

天丼の具、食べる順番を決めていますか?

2017-04-12
イッパチ天丼-ボリューム満点

イッパチ 天丼。650円。
2017年、春の新メニュー。

海老2尾、ピーマン、ニンジン、さつまいも、かぼちゃ。野菜天は仕入れの状況により変更することがあります。

ボリューム満点なのに、、、650円。

海鮮のイッパチが自信をもって、おすすめする春の新メニュー、イッパチ天丼。

ぜひ一度、お試しください。

イッパチ天丼-春の新メニュー

天丼の具、食べる順番を決めていますか?

もし、ここに、海老2尾、ピーマン、ニンジン、さつまいも、かぼちゃ、が具材として、ご飯の上にのった天丼があったとしたら。

いや、もし、じゃなくて、イッパチが新メニューとして、この春から提供しているので、実際にあるわけなのだが。

あなただったら、何から食べますか?

あっ、忘れてた。これに、さらに、ご飯、汁物、漬物をセットにして提供しているので、選択肢がさらに増えます。

まず、海老の天ぷらを一口。揚げたてで熱い。ハフッハフッ、、、海老の身は、プリップリッ、、、天ぷらの衣は、サクッサクッ、、、。なかなか旨いじゃないか。

次は、やっぱりご飯かな。

と、想像したあなた、そう、あなたです。好きなものから食べる派ですよね。間違いない。

いや、そうじゃなくて、最初は海老にはいかないよ、と思ったあなた。そう、あなたです。、

やっぱり、最初は、天丼のタレがじんわりとしみこんだご飯から、ですよね。

さすがです。なぜなら、海老の天ぷら2尾で、丼一杯のご飯を食べなければいけないのです。

最初に、いきなり海老1尾を食べてしまうと、そのいきおいで、もう1尾の海老にも手をつけてしまい、最悪の場合、最後に、ご飯だけが残ってしまうこともあり得るのです。

しかたがないから、普段はあまり食べない漬物をおかずにご飯を食べることに。

自家製の美味しい漬物なら、それもありですが、業務用の外国産の漬物だったら、最悪の選択だといえる。

好きなものにすぐとびつく、つまり計画性のない、行き当たりばったりの性格だと言われてもしかたがない。

いやいや、ここはやっぱり、汁物から行くべきだと思っているあなた、さすがです。

海鮮がメインのお店です。十分、ダシのきいた汁物で、そのお店の実力を見極める。話はそれからだ。さすがです。

剣道に例えてみよう。

先鋒、次鋒、中堅、副将、大将、それぞれのポジションには、それぞれの役割がある

先鋒は、試合の流れを決める。とても大事だ。絶対負けてはいけない。

もちろん、イッパチの汁物は、先鋒としての実力は十分ある。

つぎの次鋒。やっぱりここは、海老の天ぷらの出番か。

いや、海老の天ぷらは、大将に温存すべきか、絶対、大将で負けてはいけない。

まてよ、海老の天ぷらは2尾あるじゃないか。つまり、大将が2人いるといっても過言ではない。

イッパチの天丼、すごいじゃないか。人材が豊富にそろっている。

次鋒に海老の天ぷら、とどめの大将にも海老の天ぷら。負けるわけがない。

海老2尾、ピーマン、ニンジン、さつまいも、かぼちゃ。まてよ、選手が6人いる。それに、ご飯、漬物、汁物。

合計9人の選手がいるといってもいい。

負けるわけがない。

あ、ここで、ぼくは、大きなミスに気がつく。剣道は5人だった。

なんのこっちゃ。



店舗情報

店舗名、外観写真
海鮮居酒屋 一八 お食事処
住所
福岡県糟屋郡志免町別府3丁目15-5
フクオカケン カスヤグン シメマチ ベフ
電話番号
092-292-3133
営業時間オーダーストップ
11:30~14:30
17:00~22:30
※14:00
※22:00
定休日
不定休
駐車場
6台
アクセス
 
地図