海鮮居酒屋  一八お食事処

TEL 092-292-3133   福岡県糟屋郡志免町別府3丁目15-5

イッパチ 天丼。ボリューム満点。春の新メニューです。

2017-04-05
イッパチ天丼-春の新メニュー

イッパチ 天丼。650円。
2017年、春の新メニュー。

海老2尾、ピーマン、ニンジン、さつまいも、かぼちゃ。野菜天は仕入れの状況により変更することがあります。

これで、なんと、650円。
じぇじぇじぇ。びっくりぽん。

かなりお値打ちです、しかも、ボリューム満点。

海鮮のイッパチが自信をもって、おすすめする春の新メニュー、イッパチ天丼。

ぜひ一度、お試しください。

春の新メニュー「イッパチ天丼」は、店舗オーナーの一言からはじまった

それは、2か月前の店舗会議のことだった。

オーナー「春の新作メニューは、天丼にすることにした。」

海鮮担当A「えー! オーナー、イッパチは海鮮がウリですよ。やっぱ、海鮮丼をおすべきですよ。」

オーナー「B君は、どう思う?」

海鮮担当B「いいんじゃねぇ?」

オーナー「よし、天丼に決まりだ。」

料理長「、、、」

海鮮担当A「、、、(料理長!)」

オーナー「メニューの名前は、インパクトのある衝撃的な、みんながあっと驚くものにする。」

オーナー「イッパチ天丼だ。どうだ、驚いただろ。」

海鮮担当A「、、、(まんまじゃん)」

そして、満を持して提供する新作メニューが、このイッパチ天丼。

んなーこたぁない!(タモリ風)

※すべてフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

ヒラマサ。見た目はブリに似ている。12.8 kg あります。

2017-04-04
ヒラマサ

ヒラマサ(平政)。

ヒラマサは、春から夏にかけて旬になる。寿司ネタとしても、刺身で食べても美味しい。

ヒラマサは、見た目はブリに似ている

ブリの旬は春まで。入れかわるように、このヒラマサが旬をむかえる。

脂がのった旬の寒ブリは、とても人気がある。

それにひきかえ、ヒラマサはブリほど脂がのりすぎず、さっぱりとしていて、コリコリした食感が味わえる。

ヒラマサの面構え

ブリ、ヒラマサ、カンパチは「ブリ御三家」と呼ばれている。見た目がブリによく似ているから。

だから、ヒラマサをパッと見て、あ、これはヒラマサだ、ブリじゃないよ、と即答できる人は、あまり多くない、と思う。

ヒラマサは、漢字で「平鰤」とも書く。鰤と比べると、体が平ら(薄い)だから。

でも、この見分け方は、ブリとヒラマサを並べた時、はじめてわかる方法で、ヒラマサだけを見て判断するには無理がある。

ブリとヒラマサを見慣れている人でなければ、区別は難しい。

他に見分け方はあるのか。

顎(アゴ)や鰭(ヒレ)で見分ける方法もあるのですが、やっぱり慣れないと難しい。

スーパーの鮮魚コーナーで、下処理され、切り身になったヒラマサが販売されていたら、ヒラマサと信じるしかない。

コリコリした食感を刺身で味わう。塩焼き、照り焼き、煮付けも美味しい。



店舗情報

店舗名、外観写真
海鮮居酒屋 一八 お食事処
住所
福岡県糟屋郡志免町別府3丁目15-5
フクオカケン カスヤグン シメマチ ベフ
電話番号
092-292-3133
営業時間オーダーストップ
11:30~14:30
17:00~22:30
※14:00
※22:00
定休日
不定休
駐車場
6台
アクセス
 
地図